受付時間:7:00~23:00(年中無休)
イメージ画像

中央区(東京都)の不動産買取
不動産相場・査定はオープンハウス

東京都中央区のマンションや戸建てなどの不動産の相場や取引傾向、不動産の査定や買取をどこに依頼すればいいかをご紹介します。

実際に売る際の流れ、不動産会社に直接買取を依頼するメリットについてもまとめました。

中央区の不動産価格・相場・売買傾向

東京都中央区の不動産取引に関するデータを、国土交通省が公開している「土地総合情報システム」から過去5年分を集計しました。「土地総合情報システム」は、不動産取引をした人に対してアンケートを行い、回答データを取引事例として公開しています。


中央区の中古マンション売買取引相場


2018年、中央区で行われた中古マンションの売買取引数は663件でした。平均取引相場は4,563万5,897円・平均平米数は41m2、平米単価は110万2,043円です。

中央区中古マンション売買取引データ
取引年次 平均売却
価格
平均平米 平均平米
単価
2018年 4,563万5,897円 41 m2 110万2,043円
2017年 4,358万5,090円 43 m2 100万4,568円
2016年 5,460万6,068円 44 m2 123万5,995円
2015年 3,983万693円 42 m2 94万6,565円
2014年 3,529万9,373円 41 m2 86万7,527円

2018年、中央区内で最も中古マンションの売買取引が行われたのは、勝どき地域で77件でした。

勝どきは都営地下鉄大江戸線「勝どき」駅が乗り入れる、2つの人口島からなるエリアです。

古くは、海運業や倉庫が立ち並ぶ地域でしたが、2000年の「勝どき」駅開業を契機に大量のタワーマンション開発が進められ、人気の湾岸エリアの1つになっています。最近では、都心の銀座や新橋と臨海部を結ぶ新しい地下鉄路線の整備計画が発表され、今後さらに需要が高まることが期待されています。

中央区全体で取引された過去5年の中古マンション平均平米単価を見てみましょう。

中央区中古マンション平米単価の推移

最も相場が高かったのは、2016年の123万5,995円で、2018年は2番目に高い110万2,043円でした。しかし、依然として高い水準で推移していることが分かります。

かんたん査定
無料!

中央区の戸建て売買取引相場


2018年、中央区で行われた戸建ての売買取引数は15件でした。平均取引相場は2億4,553万3,333円・平均平米数は112m2、平米単価は219万2,262円です。

中央区の戸建て売買取引データ
取引年次 平均売却
価格
平均平米 平均平米
単価
2018年 2億4,553万3,333円 112 m2 219万2,262円
2017年 2億4,355万5,556円 114 m2 213万8,537円
2016年 4億1,931万5,789円 159 m2 263万3,719円
2015年 1億8,825万円 143 m2 132万1,053円
2014年 1億7,450万円 106 m2 164万2,353円

2018年、中央区の戸建て売買取引が最も多かったのは、月島地域で7件でした。

月島は、東京メトロ・都営地下鉄大江戸線「月島」駅が乗り入れるエリアです。こちらも勝どき同様、埋め立てによって作られた人口島です。

月島も、かつては工場や倉庫が多いエリアでした。現在は、タワーマンションが林立する湾岸エリアの1つですが、裏通りには古い木造住宅も建ち並んでおり、近代化の流れと下町情緒が混在しているエリアです。

中央区全体で取引された戸建て平米単価の推移を見てみましょう。

中央区戸建て平米単価の推移

こちらも、マンション相場と同じく2016年の263万3,719円が最も高い結果でした。しかし、翌2017年213万8,537円、2018年219万2,262円と、下落したのち再度上昇していることが分かります。
売却に関するご相談
無料!

中央区の土地売買取引相場


2018年、中央区で行われた土地の売買取引数は24件でした。平均取引相場は4億608万3,333円・平均面積は141m2、平米単価は260万2,083円です。

中央区の土地売買取引データ
取引年次 平均売却
価格
平均平米 平均平米
単価
2018年 4億608万3,333円 141 m2 260万2,083円
2017年 3億2,116万円 96 m2 282万6,000円
2016年 10億7,589万4,737円 173 m2 291万8,421円
2015年 2億258万3,333円 121 m2 168万3,333円
2014年 1億9,231万5,789円 92 m2 179万7,368円

2018年、中央区の土地売買取引が最も多かったのは、日本橋本町地域で3件でした。

日本橋本町は、JR総武本線「新日本橋」駅が乗り入れ、東京メトロ「小伝馬町」駅「三越前」駅にも近いエリアです。

日本橋本町の周辺は、日本橋三越本店や三井不動産が開発する大型の副業施設COREDO室町、オフィスビルが立つ都内有数の商業地域です。その一方で、エリア北部には古い木造住宅や商店が密集している地域もあり、かつて薬問屋が多く軒を連ねていた風情を残しています。

中央区全体で取引された土地の平米単価も上昇傾向です。

中央区土地平米単価の推移

かんたん査定
無料!

日本で一番高い土地は中央区にあり!これからも人口が増える街!

東京都中央区の人口は16万7,933人です(2019年12月1日時点)。

毎年3月に発表される公示地価によると、2019年は中央区銀座4丁目地価が1平米5,550万円と、12年連続日本の最高価格地になりました。

街全体に高級でハイソなイメージを持つ中央区ですが、実は23区で最も人口増加率が高い街でもあります。

2015年の国勢調査によると、当時の中央区の人口は14万1,183人、2019年12月1日時点の人口16万7,933人と比較すると、人口増加率は約18%でした。人口増加率2位は千代田区の約12%増です。

人口増加の要因として、湾岸エリアに立ち並ぶ大規模なタワーマンションがあります。都心への利便性も年々向上していることから、住居としての需要が高まっているようです。

また、2020年の東京五輪に選手村として利用される、中央区晴海に立つ「HARUMI FLAG」も、五輪後2023年から住宅として入居開始予定です。HARUMI FLAGだけでも5,500戸以上の部屋が分譲され、20,000人以上が住むと考えられています。五輪競技の開催地としても注目される中央区ですが、その後も人口が増える人気エリアになることが期待されています。


中央区の不動産を売却する方法

中央区の不動産を売却する方法には、大きく分けて、「買取」と「仲介」があります。


・不動産買取

不動産会社に直接不動産を買い取ってもらう方法です。不動産を素早くお金に変えたいときに最適な方法で、オープンハウスの不動産買取サービスを利用すれば最短48時間で不動産を現金化できます。

・不動産仲介

不動産業者に依頼して、不動産を買ってくれる人を探す方法です。自分で売却価格を設定できるというメリットがありますが、契約成立時に仲介手数料を取られる上、必ず売却できる保証は無く、売却できるまでに時間がかかることがあります。
売却に関するご相談
無料!

中央区で不動産買取を利用するメリット・デメリット

不動産買取のメリット

(1)買い手を探す必要が無い
(2)仲介手数料が発生しない
(3)売却から現金化までが早い
(4)形がいびつな土地や、狭小地でも買取が可能
(5)室内の状況を気にせず売れる
(6)瑕疵担保責任(※)から解放される

(※)瑕疵担保責任とは、マンションや戸建て住宅などを売却した後、一定の期間に欠陥が見つかった場合、売った側が保証しなければならないという義務です。仲介の場合、売った個人が責任を取らなくてはなりませんが、買取であれば、不動産会社が買った時点で個人の瑕疵担保責任は消滅しますので、後になって責任追及される心配はありません。

不動産買取のデメリット

仲介で売却する場合に比べて安い価格(目安としては70~80%程度)になる可能性があります。

中央区の不動産買取ならオープンハウス

オープンハウスは、売れなくて困っている不動産・土地、いびつな土地や古い建物が建ったままの土地でも、積極的に買い取ります。

電話やネットからお問い合わせいただければ、経験を積んだ専門のスタッフが買い取り価格を素早く算出し、24時間以内にお知らせします。価格に納得頂ければ最短48時間で現金化も可能です。

オープンハウスの買取

商談が未成立でも相談料等は発生しません。お気軽にお問い合わせください。

最短48時間で即現金化!

かんたん査定
無料!
売却に関するご相談
無料!

お電話でもご相談いただけます

受付時間:7:00~23:00(年中無休)
お気軽にお問い合わせください。