受付時間:9:00~22:30(年中無休)
イメージ画像

世田谷区(東京都)の不動産買取
不動産相場・査定はオープンハウス

東京都世田谷区のマンションや戸建てなどの不動産の相場や取引傾向、不動産の査定や買取をどこに依頼すればいいかをご紹介します。

実際に売る際の流れ、不動産会社に直接買取を依頼するメリットについてもまとめました。

世田谷区の不動産の価格相場・売買傾向

東京都世田谷区の不動産取引に関するデータを、国土交通省が公開している「土地総合情報システム」から過去5年分を集計しました。「土地総合情報システム」は、不動産取引をした人に対してアンケートを行い、回答データを取引事例として公開しています。



世田谷区の中古マンションの売買取引相場


2018年、世田谷区で行われた中古マンションの売買取引数は855件でした。平均取引相場は4,080万9,942円・平均平米数は50m2、平米単価は80万8,820円です。

世田谷区中古マンション売買取引データ
取引年次 平均売却
価格
平均平米 平均平米
単価
2018年 4,080万9,942円 50m2 80万8,820円
2017年 4,060万3,114円 51m2 79万4,740円
2016年 3,890万113円 50m2 77万5,554円
2015年 3,819万5,965円 51m2 75万1,573円
2014年 3,689万5,354円 52m2 70万7,346円

特に、太子堂地域での売買取引が多く、2018年は39件の取引がありました。東急田園都市線「三軒茶屋」駅や「池尻大橋」駅が最寄り駅で、渋谷からのアクセスが良いため、幅広い世代に人気のエリアです。築年数がある程度経過したマンションでも、購入時よりも高い価格で売却できた、といった事例もあるようです。

世田谷区全体でも、中古マンション価格は上昇傾向です。
過去5年の平均平米単価を見てみましょう。

世田谷区中古マンション平米単価の推移

2018年が平均平米単価80.9万円と、過去5年で最も高いことがわかります。
かんたん査定
無料!

世田谷区の戸建ての売買取引相場


2018年、世田谷区で行われた戸建ての売買取引数は612件でした。平均取引相場は1億259万9,673円・平均平米数は130m2、平米単価は78万9,973円です。

世田谷区戸建て売買取引データ
取引年次 平均売却
価格
平均平米 平均平米
単価
2018年 1億259万9,673円 130m2 78万9,973円
2017年 1億328万157円 141m2 73万262円
2016年 9,715万238円 140m2 69万2,363円
2015年 9,460万3,245円 141m2 67万783円
2014年 8,839万3,468円 133m2 66万5,026円

2018年、世田谷区の戸建て売買取引が最も多かったのは北烏山地域で、34件ありました。

京王線「千歳烏山」駅や「芦花公園」駅が最寄り駅で、駅付近には商店街や公園が多く、閑静な住宅街です。その一方で、新宿付近の学校に通う学生なども多く住んでいるため、老若男女が住みやすいと感じている地域です。

世田谷区の戸建ての平米単価を見ると、世田谷区全体の戸建て相場が上昇していることがわかります。

世田谷区戸建て平米単価の推移

2018年、世田谷区の戸建て平米単価は77.2万円。中古マンション同様、価格は上昇傾向にあります。
売却に関するご相談
無料!

世田谷区の土地の売買取引相場


2018年、世田谷区で行われた土地の売買取引数は374件でした。平均取引相場は1億64万8,930円・平均面積は159m2、坪単価は228万8,663円です。

世田谷区土地売買取引データ
取引年次 平均売却
価格
平均平米 平均
坪単価
2018年 1億64万8,930円 159m2 228万8,663円
2017年 1億253万9,568円 146m2 219万9,424円
2016年 9,242万9,122円 158m2 203万878円
2015年 8,896万1492円 159m2 188万2,143円
2014年 1億3,154万2,669円 157m2 189万9,417円

2018年、世田谷区の土地売買取引が最も多かったのは奥沢地域で、26件ありました。

奥沢地域は、東急目黒線「奥沢」駅や東急「自由が丘」駅、東急大井町線「九品仏」駅などが最寄りで、「田園調布」や「自由が丘」などの高級住宅地と隣接した人気エリアです。

世田谷区の土地坪単価の推移を見てみましょう。

世田谷区土地坪単価の推移

2018年、世田谷区の土地の坪単価は228万8,663円。5年前と比べて120%ほど価格が上昇しています。
かんたん査定
無料!

世田谷区は都内最大人口の人気都市

世田谷区は人口90万9,167人(2018年3月現在)と、東京23区の中で最も人口が多く、今後も増加傾向にあります。

23区の中では都心から比較的遠く、埼玉や神奈川のように郊外のベッドタウンの役割を持っており、住人は働き盛りの世代が中心です。高級住宅地もあれば、昔ながらの面影を残すのどかな街並みもあり、その地域性は変化に富んでいます。

人気の高い地域のため住宅の新陳代謝が早く、古い住宅が取り壊されると、新しいマンションや戸建てがすぐに建てられます。

国民的アニメとして根強い人気を誇る「サザエさん」は世田谷を舞台にしており、東急田園都市線の桜新町駅前には「サザエさん通り」が存在します。南口からサザエさん通りを通って7分ほどで、「長谷川 町子美術館」に到着します。


世田谷区の不動産を売却する方法

世田谷区の不動産を売却する方法には、大きく分けて、「買取」と「仲介」があります。


・不動産買取

不動産会社に直接不動産を買い取ってもらう方法です。不動産を素早くお金に変えたいときに最適な方法で、オープンハウスの不動産買取サービスを利用すれば最短48時間で不動産を現金化できます。

・不動産仲介

不動産業者に依頼して、不動産を買ってくれる人を探す方法です。自分で売却価格を設定できるというメリットがありますが、契約成立時に仲介手数料を取られる上、必ず売却できる保証は無く、売却できるまでに時間がかかることがあります。
売却に関するご相談
無料!

世田谷区で不動産買取を利用するメリット・デメリット

不動産買取のメリット

(1)買い手を探す必要が無い
(2)仲介手数料が発生しない
(3)売却から現金化までが早い
(4)形がいびつな土地や、狭小地でも買取が可能
(5)室内の状況を気にせず売れる
(6)瑕疵担保責任(※)から解放される

(※)瑕疵担保責任とは、マンションや戸建て住宅などを売却した後、一定の期間に欠陥が見つかった場合、売った側が保証しなければならないという義務です。仲介の場合、売った個人が責任を取らなくてはなりませんが、買取であれば、不動産会社が買った時点で個人の瑕疵担保責任は消滅しますので、後になって責任追及される心配はありません。

不動産買取のデメリット

仲介で売却する場合に比べて安い価格(目安としては70~80%程度)になる可能性があります。

世田谷区の不動産買取ならオープンハウス

オープンハウスは、売れなくて困っている不動産・土地、いびつな土地や古い建物が建ったままの土地でも、積極的に買い取ります。

電話やネットからお問い合わせいただければ、経験を積んだ専門のスタッフが買い取り価格を素早く算出し、24時間以内にお知らせします。価格に納得頂ければ最短48時間で現金化も可能です。

オープンハウスの買取

商談が未成立でも相談料等は発生しません。お気軽にお問い合わせください。

最短48時間で即現金化!

かんたん査定
無料!
売却に関するご相談
無料!

お電話でもご相談いただけます

受付時間:9:00~22:30(年中無休)
お気軽にお問い合わせください。