受付時間:7:00~23:00(年中無休)
イメージ画像

離婚後、家には住み続ける?メリット・デメリットを紹介

離婚をすると夫婦生活をしていた家にはどちらかが住むのか売却するのか、迷うことがあるのではないでしょうか。
不動産に関しては、財産分与でトラブルの元となりますので、問題点を確認しておくことはとても大切です。ここでは、離婚後も同じ不動産に住み続ける場合のメリットとデメリットをご紹介します。

夫婦の離婚とマイホームの関係については、さまざまケースがあります。本コラムではマイホームは夫名義。離婚後、子どもは妻が引き取って生活することを前提にします。

離婚後もマイホームに住み続けるメリット

まずは、離婚後もマイホームに住み続けるメリットをみていきます。生活だけでなく、お金の面でもメリットがあるので確認しましょう。

子供の生活を維持できる

子供のいる夫婦が離婚をした場合は、マイホームに住み続けるメリットが大きいといえます。
離婚に伴う転居がなければ、子供が不慣れな生活環境から悪影響を受けることがなくなります。学校(学区)や児童施設の変更もないので、親子ともに交友関係は変わらないこともメリットでしょう。
また、例えば夫が別居することになった場合でも、面会がしやすくなります。現実的な話では、妻が夫に支払う家賃と夫が妻に支払う養育費の相殺ができるため、お金の面でも負担を小さくできるかもしれません。

住宅ローンの心配がなくなる

住宅ローンはここ数年は金利が安かったため、同じ広さの物件を新たに借りるよりも支払うお金が安くなる傾向があります。また、住宅ローンが団体信用生命保険などの保証に入っていた場合、名義人が亡くなった際に住宅ローンの支払い義務が消え、家という資産だけが残ります。

売却に関するご相談
無料!

離婚後マイホームに住み続けるデメリット

離婚後マイホームに住み続ける場合はデメリットもあります。不動産の名義人や、離婚後の居住者によってデメリットが違いますので、3つのケースで確認しましょう。
(※購入時の住宅ローン名義は夫の場合で見ていきます。)

離婚後、住宅ローン名義人が夫の家に妻子が住み続ける

名義人が夫のまま妻子が住み続けるという選択は、マイホームに住み続けるメリットを考えると少なくありません。しかし、この場合は離婚後も夫婦の関係がとても大切です。

例えば、家を売却する権利は不動産の名義人にあるため、もし夫が家を売却してしまったらすぐに生活基盤を失ってしまいます。また、なんらかの理由で夫の住宅ローン支払いが滞ってしまえば、家が差し押さえられてしまうかもしれません。もしこの場合で妻が連帯保証人となっている場合は妻に請求がいくこともあります。 こうしたことから、夫名義の不動産に妻が住み続けるケースは夫に依存せざるを得ない点がデメリットとなります。

離婚後、住宅ローン名義人が夫の家に夫が住み続ける

夫名義の不動産に夫が住み続ける場合は、妻子にとってデメリットが大きいと言えます。
まずは、妻子は新たな家を確保する必要があります。生活環境の変化にも適応しなくてはなりません。学区も変わることがあります。
また、離婚をする場合は夫婦間で財産分与が行われます。もし住宅ローン残高が大きいオーバーローンという状態なら、マイホームを売却してお金に換えることが難しくなります。そうなれば、家からでていく妻子は不動産についての財産を受け取ることができなくなる可能性もあります。

このように妻子にとっては心理的、金銭的な負担が大きいため、子供の居る家庭ではあまり一般的な選択肢ではありません。

離婚後、住宅ローン名義を妻に変更して妻子が住み続ける

住宅ローン名義を妻に変更して妻子が住み続ければ、夫名義の不動産に妻子が住み続けるケースや夫が住み続けるケースの問題を解消できます。

しかし住宅ローンの名義を変更するためには、借り入れしている金融機関の審査を通過しなくてはなりません。審査通過には年収や連帯保証、完済時の年齢などいろいろな項目があります。これらを通過できなければ名義の変更はできません。

離婚時の財産分与トラブルには、不動産買取がおすすめ

離婚すると、不動産を夫婦どちらのものにするのかであったり誰が住むのかであったり、トラブルが起きやすくなります。不動産に関する財産トラブルを避けるための、不動産売却についてご紹介します。

不動産を売却するメリット

不動産を売却する一番のメリットは財産分与しやすくなることでしょう。不動産を売却することで現金として財産分与できるので、正確に財産を分けることができます。

また、住宅ローンが残っている不動産であればどちらかが不動産に住み続けることで連帯保証などのリスクが付きまといます。不動産を売却することで将来のリスクから開放されます。離婚後の新しい生活を考えると、売却にはメリットが大きいでしょう。

離婚後トラブルを避けるための不動産買取

離婚が原因で不動産売却を検討されている方の中には、さまざまな事情から少しでも時間をかけずに不動産を手放したい方もいると思います。

そのような方には、不動産買取がおすすめです。一般的な不動産売却といえば、不動産会社の仲介のもと第三者に売却するため、取引までに時間がかかります。しかし不動産買取なら、時間をかけずに現金化できるため、離婚後の問題にかける時間を短くできるかもしれません。

かんたん査定
無料!

不動産を売却するならオープンハウスが買取ります

オープンハウスは、売れなくて困っている土地、いびつな土地や古い建物が建ったままの土地でも、積極的に買い取ります。

電話やネットからお問い合わせいただければ、経験を積んだ専門のスタッフが買い取り価格を素早く算出し、24時間以内にお知らせします。価格に納得頂ければ最短48時間で現金化も可能です。

オープンハウスの買取

商談が未成立でも相談料等は発生しません。お気軽にお問い合わせください。

最短48時間で即現金化!

かんたん査定
無料!
売却に関するご相談
無料!

お電話でもご相談いただけます

受付時間:7:00~23:00(年中無休)
お気軽にお問い合わせください。