受付時間:9:00~22:30(年中無休)
イメージ画像

その土地が売れない理由とは?
売れない土地は不動産会社が買取!

「相続で得た田舎の土地がある」「長期間土地を売りに出しているのに売れない」とお悩みの方に、土地が売れない理由について解説します。

買い手がつかない土地でも、直接買取に応じてくれる不動産会社もあります。使わない土地には固定資産税など多くのデメリットが発生するので、早めに相談してみましょう。

売れない土地は不動産会社に不動産買取の相談をしよう

土地が売れなくてお困りならば、土地を直接買い取ってくれる不動産会社に相談することをおすすめします。土地買取(不動産買取)を不動産会社に依頼すれば、短期間で売れない土地を現金化できる可能性があります。

一般的な土地売却は、不動産会社に売却を依頼し、不動産会社が買い手を探す「仲介」という方法をとります。そして、買い手が見つかれば、売却代金から不動産会社に一定額を仲介手数料として支払います。

しかし、買い手が現れるまでに長い期間がかかることも少なくありません。田舎や過疎地といった人気のない土地では、値下げしてもなかなか売れないケースも。ましてや、「売れない土地」ということは、ますます買い手が見つかる可能性は低いかもしれません。

これに対し、土地を直接買い取ってくれる不動産会社に依頼すれば、売れるまで待つ必要がありません。「売れない」と売却をあきらめていた土地も現金化できる可能性が高まります。

オープンハウスの土地買取であれば、相談から24時間以内には即決買取金額を提示し、最短48時間以内に土地を現金化することが可能です。

買い手を探す「仲介」ではなく、不動産会社が直接土地を買い取るため、圧倒的なスピードが魅力です。その他にも、土地買取は「仲介手数料がかからない」といった多くのメリットがあります。

かんたん査定
無料!

売れない土地を持っているとどうなるのか

売れない土地は、持っているだけでデメリットが多いことも、所有者を悩ませるポイントです。
税金がかかるほか、維持管理費が発生し、手入れなどに多くの手間がかかります。ズルズルと長期間持ち続けているよりは、早めに手放すことをおすすめします。


(1)固定資産税・都市計画税
土地は持っているだけで税金がかかります。建物が建っているケースや、農地である場合は税率が軽減されますが、建物は適切な管理を行わなくてはなりませんし、農地はきちんと耕作し続ける必要があります。


(2)相続税
土地を相続すると相続税が発生します。期日までに金銭で納税できない場合、代わりに土地そのものを国に引き渡す「物納」という制度もあります。しかし、通常は更地での引き渡しを求められるため、建物がある場合は撤去が必要です。また、担保が設定されている土地や、隣の土地との境界が明確でない場合は物納できません。

また、相続放棄をした場合でも、土地の所有権そのものは放棄できません。所有権放棄のためには相続財産管理人を選定して手続きをしてもらう必要があり、数十万~数百万の費用が発生します。


(3)維持費
土地はきちんと手入れや管理をしないと、植物が繁茂し、動物や虫などの発生源ともなり、近隣住民とトラブルになることがあります。また、斜面の崩壊を防ぐために擁壁を築いている土地では、古くなった擁壁を作りなおすために、数百万から数千万の費用がかかることもあります。

売却に関するご相談
無料!

あなたの土地が売れない理由

では、土地が売れない理由はどういったものなのでしょうか。


・再建築不可の土地
建築基準法において、特定の条件を満たさない土地は、新たに建物を建てられません。
今建物が建っていたとしても、取り壊しての建て替えなどができません。そういった土地を「再建築不可」と呼びます。


建築基準法42条では下記が再建築不可の土地の条件です。

4メートル以上の幅(幅員)がある道路に接していない土地

4メートル以上の幅(幅員)がある道路に接していない土地

4メートル以上の幅(幅員)がある道路に接していたとしても、道路と土地が接する部分(間口)が2メートル未満の土地

4メートル以上の幅(幅員)がある道路に接していたとしても、道路と土地が接する部分(間口)が2メートル未満の土地

これらの土地は、新しく建物を建てることができません。
こういった土地を買いたいと思う人は少ないでしょう。当然、買い手を見つけることは困難です。


・市街化調整区域
都市計画法において定められる「市街化調整区域」にある土地も、家を建てるといった開発行為が制限されます。
市街化調整区域は都市化を抑制すべき地域とされ、自然や農地を保護するための区域のため、原則的に建物を建てる許可が下りません。公的な施設など、一部施設は特例的に建築が可能ですが、制限があるため、なかなか買い手がつきません。


・立地・周辺環境が悪い
法律の規制がないにもかかわらず、売れない土地。
その最も多い理由と考えられるのが、「田舎で人気がない」「近隣住民とのトラブルがある」「ごみ処理施設などの嫌悪施設が近くに存在する」「騒音や土壌汚染などのおそれがある」といった立地や周辺環境が与える土地に与える影響です。


・土地が大きすぎる・小さすぎる
土地面積があまりに大きすぎても、またあまりに小さすぎても、土地を有効活用できないため、買い手が見つからないことがあります。また3角形になっている、極端に細長い等、いびつな形状の土地も敬遠されがちです。


・売り出し価格が相場と合わない
上記に当てはまらないのに、なかなか売れない土地は、売り出し価格が高すぎるのかもしれません。かつては「売れない土地はない」といわれましたが、最近は1年以上売れ残り、余計なコストがかかってしまうケースもあります。

土地が売れなくて困ったら

売れない土地の所有者のなかには、隣地の所有者や、自治体、法人などに無償で寄付する人も多くいらっしゃいます。使わないまま持っていても土地はコストがかかるだけなので、タダでもかまわないので誰かにあげてしまう、という選択です。

しかし、せっかくなら、いくらかでもお金に買えて今後の人生に役立てたいですね。


オープンハウスの土地買取

オープンハウスは、売れなくて困っている土地、いびつな土地や古い建物が建ったままの土地でも、積極的に買い取ります。

電話やネットからお問い合わせいただければ、経験を積んだ専門のスタッフが買い取り価格を素早く算出し、24時間以内にお知らせします。価格に納得頂ければ最短48時間で現金化も可能です。

オープンハウスの買取

商談が未成立でも相談料等は発生しません。お気軽にお問い合わせください。

最短48時間で即現金化!

かんたん査定
無料!
売却に関するご相談
無料!

お電話でもご相談いただけます

受付時間:9:00~22:30(年中無休)
お気軽にお問い合わせください。