受付時間:9:00~22:30(年中無休)
イメージ画像

土地の売却にはどれぐらいの時間がかかる?おすすめのタイミングや時期はいつ?

土地の売却を検討した時、気になるのはいつ売れるかということでしょう。もちろん、買い手が見つからないことには売れないため、実際に売り出してみないと分からないものです。

しかし、売却期間についてある程度の知識を持っておけば、あせらずに土地売却の計画を進めていくこともできます。そこで、土地の売却までにかかる期間と、おすすめの売却タイミング・時期について紹介します。

土地を売却するのにかかる時間はどのくらい?

まずは、土地を売却するのにかかる平均期間などについて解説します。


土地の査定期間は平均でどのくらい?

土地を売却するには、まずは「いくらぐらいで売れるか」を明確にするための査定から始まります。

不動産会社は、接面している道路の幅、交通量、日当りの良さ、隣地との高低差、交通や買い物の利便性など、数々の諸条件をチェックし、過去の取引データももとに価格が査定されます。査定価格をベースとして、売主側の「この価格で売りたい」という希望も合わせて、売却価格が決められていきます。

建物付きの土地の場合、建物のチェックも必要ですが、土地だけならそれほど査定に時間はかからないでしょう。過去データから概算する簡易査定(机上査定)なら、当日中に教えてもらうこともできますが、現場の細かい状況が把握できないので売却前の参考程度にしかなりません。土地を売る方向で具体的に進めていくには、不動産会社に現地を実際に見てもらう訪問査定になります。

簡易査定と違い、精度が高くなる方法のため、査定期間は数日程度となり、かかる時間は長めとなるでしょう。


土地売却にかかる時間・期間(日数)は?

査定後、売買仲介で売り出してから買い手が見つかるまでの一般的な期間はどれぐらいなのでしょうか。

土地やマイホーム購入者のなかには、「一戸建てを買いたい」「マンションに住みたい」という人もいれば、「新築がいい」「中古がいい」という人など、さまざまな買い手のニーズがあります。当然、買い手の都合によってかかる時間は異なります。

例えば、土地売却の買い手には「一戸建てに住みたい・土地を買って家を建てる」という注文住宅を考えている人がいます。こうした人たちは、「人気のないエリア」「道路との関係性がいまいち」「隣地との境界があいまい」「極端に狭い土地」「かなり広い土地」などを購入することはありません。

このように、条件次第で売却までの期間がかわることは、念頭においておきましょう。

一般的には、土地や一戸建て、マンションなど「不動産」を売却するのに要する平均期間は、売却依頼から売買契約、引き渡しまで含めて、およそ3カ月から6カ月ほどです。

ただし、土地売却には測量で境界を確定しなければトラブルのもとになるため、その作業にも時間がかかることがあります。この場合は、測量作業の見積もり、土地家屋調査士への依頼、測量のための調査、測量、近隣の土地所有者の立会い、杭の設置、書類作成など、正式に境界が確定するには3カ月から4カ月ほどかかるといわれています。

「不動産買取」なら短期間で土地を売却可能

土地売却では、短期間で売れる方法として不動産買取があります。不動産買取の特徴や、短期間で売却できるメリットについて解説します。


土地の買取とは?かかる時間は?

土地の売却は、「売買仲介」もしくは「不動産買取」が基本的な方法です。

売買仲介は、不動産会社に買主を見つけてもらう方法。ただし、「買主が見つかるかどうか」「いつ現れるか」は分かりません。見つかったとしても、お互いの交渉が上手くいかないと、白紙に戻って再び買主探しです。

「売主」「買主」「不動産会社」とのやり取りとなるので、打ち合わせや連絡にも手間取ることもあるでしょう。査定期間の日数、買主探しの期間、状況に合わせて整地や測量の実施など、かかる時間が長引くことが多いのが土地売却です。売却までの平均時間は、早くて数か月、長ければ1年以上と年単位での長期になることもあります

これに対して、不動産買取での土地売却はかなりスムーズです。

不動産会社が直接買ってくれるので、「1対1」のやり取りで済むため、土地を手放すまでの期間も短いのが特徴です。買取額として提示された内容に納得できれば、すぐに契約が成立できます。査定時間もそれほどかかりません。

オープンハウスの不動産買取なら、最短48時間で現金化することも可能です。


短期間で売却できるメリット

不動産買取で土地を売却するメリットとは、どういったものがあるのでしょうか?

まず、売れるまでの間に土地を管理をしなくても済むことでしょう。 買主が見つかって売れるまでの間は、固定資産税も払わなくてはなりません。建物が建っている土地と違い、更地の場合は軽減措置もないため、売れずに待っている間の支出が負担となります。

しかし、不動産買取は短期間で売ることができるため、こうした問題を抱えずに済みます。売れない間の管理・維持費用がかからない分、負担が小さくなります。


売りづらい土地も「買取」も検討した方がい良い

なかなか売れない土地も買取と相性が良いでしょう。

「駅から遠い」「バス停までの距離もある」「スーパーが遠い」というように、周辺の環境が原因となって売れづらいケースや「面積が広すぎる」「面積が狭すぎる」「形が変わっている」「道路の幅が狭い」というように、土地自体の条件からニーズがないこともあります。

このように、買い手からはあまり注目されない土地は、売買仲介で売り出すとあまり高く売れないことはもちろん、なかなか買い手が見つからない、最悪の場合売れないといったことが予想されます。

需要の低いため売買仲介では売れない土地なども、不動産買取をおすすめします。

関連記事
その土地が売れない理由とは?売れない土地は不動産会社が買取!

そもそも土地売却に適した時期はある?

土地を売却するのであれば、当然ながら少しでも高く売りたいものです。では、少しでも高く売却できる時期はあるのでしょうか。


土地売却はいつ売るかで違う?

土地売却の時期を考える上で重要なのは以下二点です。

まず、税金については土地を売却するタイミングによって税率が異なります。そもそも、土地売却時の税金とは、売却時に譲渡所得(売却益)が発生したときに、その譲渡所得に課せられる税金です。そして、税率は以下のように保有期間によって違いがあります。

保有期間は、土地を売却する年の1月1日時点の保有期間です。そのため、たとえば「もう少しで短期保有から長期保有になる…」などのタイミング、かつ譲渡所得が発生しそうな土地売却であれば、売却時期を遅らせるという選択肢もあるでしょう。

次に、「集客」とは土地の購入検討者の数のことです。要は、土地購入検討者が多い時期の方が集客しやすく、集客しやすい時期に売り出した方が土地を高く・早く売りやすいのです。この時期を狙って土地を売り出すことで、土地を高く・早く売りやすくなります。


土地売却に適したタイミング

「税金」に関しては、前項で解説した保有期間を意識すると良いでしょう。もう1つの「集客」に関しては、年明けや大型連休の前に売り出すことをおすすめします。不動産を購入する人が増える傾向にあるからです。

年明けに購入検討者が増える理由は、年末に帰省したことで新居の購入を親から勧められたり、自分自身もゆっくりと将来について考える機会が増えたりすることが多いためです。また、新居の購入を検討していた場合は、「新年度(4月)に向けてそろそろ探し始めなくては…」と思う人が多いのも理由です。

大型連休は、普段忙しい人が本格的に物件探しをする人が増加します。もちろん、集客はエリアの需給バランスによっても異なるので一概にはいえません。とはいえ、年明けや大型連休前という時期を意識しつつ、調整できるならこの時期に売り出すことをおすすめします。

売却に関するご相談
無料!

不動産を売却するならオープンハウスが買取ります

オープンハウスは、売れなくて困っている土地、いびつな土地や古い建物が建ったままの土地でも、積極的に買い取ります。

電話やネットからお問い合わせいただければ、経験を積んだ専門のスタッフが買い取り価格を素早く算出し、24時間以内にお知らせします。価格に納得頂ければ最短48時間で現金化も可能です。

オープンハウスの買取

商談が未成立でも相談料等は発生しません。お気軽にお問い合わせください。

最短48時間で即現金化!

かんたん査定
無料!
売却に関するご相談
無料!

お電話でもご相談いただけます

受付時間:9:00~22:30(年中無休)
お気軽にお問い合わせください。