受付時間:7:00~23:00(年中無休)
イメージ画像

住宅ローン完済前の不動産売却。
完済後・完済前でどちらお得?

長い期間返済を続けてきた住宅ローン。

ようやく完済が見えてきた頃、生活環境の変化といった理由での住み替えや、急な資金を捻出するために住まいの売却することを考えなくてはならないことがあるかもしれません。

では、住宅ローン完済前の不動産売却はできるのでしょうか。また、完済前の売却と、完済後の売却ではどちらがお得なのでしょうか。

住宅ローン完済前に不動産を売却できる?

住宅ローン完済前であっても、不動産を売却することは可能です。
ただし、不動産を売却するには、住宅ローンの残債を一括で返済しなければならない、という条件があります。

住宅ローンが完済されていない不動産は、金融機関によって抵当権が設定されています。抵当権とは、住宅ローンを借りるための担保のことです。担保になっている不動産は、当然ながら売却することができません。住宅ローンを完済することで、この抵当権を外さなければなりません。

残り僅かな住宅ローンを、自己資金によって返済するか、売却した代金の一部を返済に充当することで、抵当権を抹消し、不動産を売却することが可能です。

売却に関するご相談
無料!

住宅ローンを完済前と完済後ではどちらがお得?

では、住宅ローン完済前と完済後では、売却タイミングはどちらがお得なのでしょうか。

一般的には、住宅ローン完済後の売却がおすすめです。

なぜなら、住宅ローン完済を目前にして売却するということは、「なにかの理由で売り急いでいる」という印象を買い手に与えてしまいます。売却金額も足元を見られてしまう可能性があり、値引き交渉などを行われてしまうケースもあります。

その一方で、住宅ローン完済前でも売却をおすすめするケースもあります。例えば、需要が高まりつつあるエリアや人気の駅が近い、都心部にある不動産などは、価格が上がっているタイミングで早く売却した方が良いでしょう。

当然不動産の価格も、需要と供給のバランスで価格が決まっています。人気エリアでも大量に不動産が売りに出されてしまうと価格が下落してしまうため、先んじて売却することが重要です。また、マンションや住宅は時間が経つごとに経年劣化によって価格が落ちてしまうため、早期売却を心がけましょう。

かんたん査定
無料!

住宅ローン完済前の不動産売却。まずは不動産会社に相談が吉

これまで紹介してきたように、住宅ローン完済前・後でどちらが売却タイミングとしてお得なのかは、物件や周辺環境によって異なります。

また、理由として多い「住み替え」に関しては、自身の条件を満たした住み替え先が他の人に買われないように、完済前のタイミングで売却し、住み替えを行うことをおすすめするケースもあります。

住宅ローン完済前であっても、お得に売却できるかどうかは、実際に不動産売買を行っている不動産会社に相談することをおすすめします。

オープンハウスが直接不動産を買い取る「不動産買取」なら、素早く査定結果を提示し、最短48時間で現金化することも可能です。


住宅ローン返済中の不動産売却はオープンハウスの不動産買取

オープンハウスは、売れなくて困っている不動産・土地、いびつな土地や古い建物が建ったままの土地でも、積極的に買い取ります。

電話やネットからお問い合わせいただければ、経験を積んだ専門のスタッフが買い取り価格を素早く算出し、24時間以内にお知らせします。価格に納得頂ければ最短48時間で現金化も可能です。

オープンハウスの買取

商談が未成立でも相談料等は発生しません。お気軽にお問い合わせください。

最短48時間で即現金化!

かんたん査定
無料!
売却に関するご相談
無料!

お電話でもご相談いただけます

受付時間:7:00~23:00(年中無休)
お気軽にお問い合わせください。