受付時間:7:00~23:00(年中無休)
イメージ画像

オーバーローンの不動産は売却できる?
住宅ローンが残っている不動産売却

住宅ローンが残っている不動産を売却する際に、ネックポイントとなる「オーバーローン」とはいったいどういったものでしょうか。

今回は、「オーバーローン」の解説と、オーバーローン時の解決策について紹介します。

不動産の「オーバーローン」には、2つの意味がある

不動産のローンに関する用語として「オーバーローン」という言葉があります。しかし、オーバーローンには2つの意味があることをご存知でしょうか。

①不動産購入時の「オーバーローン」

不動産や住宅を購入するときに、物件価格以上のローンを利用することを指します。
住宅購入時には、新築物件なら物件価格の3~7%、中古物件6~10%の諸経費がかかると言われています。オーバーローンは、こういった諸経費も含めた金額を借り入れるケースが一般的です。

当然、借入額が増えるため、余裕のある返済計画を立てなければなりません。

②不動産売却時の「オーバーローン(残債割れ)」

住宅ローンが残っている不動産を売却する際、売却代金だけでは住宅ローンの残りを返済することができない状況を指します。

住宅ローンが残っている不動産を売却する際は、残りの住宅ローンを一括で返済し、抵当権を外さなければなりません。ほとんどのケースで、不動産を売却した代金によって、残りの住宅ローンを一括で返済を試みます。しかし、売却価格が残りの住宅ローンに満たない、ローンが、売却代金よりもオーバーしている、という意味です。

今回取り上げる「オーバーローン」は、不動産売却時の「オーバーローン(残債割れ)」を意味しています。

オーバーローンになってしまった場合の解決策を紹介しましょう。

売却に関するご相談
無料!

オーバーローンの解決策

売却代金に加え自己資金で一括返済する

もっとも理想的な方法です。
売却代金だけでは足りない残債を、自らの預貯金や資金によって捻出し返済します。オーバーしている残債が少額な場合、軽度の負担で売却することが可能です。

不動産売却を延期し、住宅ローンを返済する

現在はオーバーローンでも、住宅ローンの元本を減らすことで、売却代金が住宅ローン残債を上回る可能性があります。そこで、不動産売却のタイミングを延期し、しばらくの間、引き続き住宅ローンを返済することも1つの方法です。

しかし、住宅や不動産は、時間が経つとともに劣化し価格が下がっていくため、先延ばししたあとも同じ価格で売却できるとは限りません。売却のタイミングが重要です。

かんたん査定
無料!

まずはいくらで売れるか、不動産会社に相談

自身の住宅や不動産がオーバーローンかもしれない」と感じているならば、まずは不動産会社に相談することをおすすめします。実際にいくらで売ることができるのかを早期に知っておくことで、選択肢が広がります。

また、不動産を売却するには「売買仲介」と「不動産買取」がありますが、オーバーローンかもしれない不動産の売却は「不動産買取」がおすすめです。

「売買仲介」では、不動産会社が買い手を探して売買を成立させます。不動産会社が物件を査定し価格を提示しますが、最終的に購入するのは買い手のため、値引き交渉や価格の調整が行われることがあります。また、不動産の立地や条件によっては、何カ月も買い手が現れないケースや、最悪の場合、売却できない可能性もあります。

一方、「不動産買取」は、不動産会社が直接その不動産を買い取るため、査定額がそのまま売却代金になります。また、スピーディーな現金化も可能で、オープンハウスの不動産買取では最短48時間で売却することができます

「いくらで売却できるのか?」を知るためだけのお問い合わせも可能です。

オーバーローンの不動産売却はオープンハウスの不動産買取

オープンハウスは、売れなくて困っている不動産・土地、いびつな土地や古い建物が建ったままの土地でも、積極的に買い取ります。

電話やネットからお問い合わせいただければ、経験を積んだ専門のスタッフが買い取り価格を素早く算出し、24時間以内にお知らせします。価格に納得頂ければ最短48時間で現金化も可能です。

オープンハウスの買取

商談が未成立でも相談料等は発生しません。お気軽にお問い合わせください。

最短48時間で即現金化!

かんたん査定
無料!
売却に関するご相談
無料!

お電話でもご相談いただけます

受付時間:7:00~23:00(年中無休)
お気軽にお問い合わせください。