受付時間:7:00~23:00(年中無休)
イメージ画像

高齢者(シニア)の住み替え。
その理由や失敗しない方法をご紹介

「長年住んだ今の家を売って住み替えたい、しかし売れるだろうか」と悩まれているシニアの方向けに、失敗せずに住み替えする方法をご紹介します。

あわせて、高齢者が住み替えを望む理由やデータも解説。駅から遠い・不便な立地といった家でも、スムーズに住み替える方法があります。

高齢者(シニア)の住み替えは多いの?住み替え理由は?

2016年に、特定非営利活動法人「老いの工学研究所」が発表した「高齢期の住まいと住み替えに関する調査」に、高齢者(シニア)の住み替えに関するアンケートがまとめられています。

60歳~91歳の317名を対象とした同調査では、「現在の住まいを“終の棲家”にする予定ですか?」という質問に「終の住処にするつもりだ」と答えたのは、男性58%・女性45%で、高齢者(シニア)の半数近くが現在の住まいを終の住処にするかを悩んでいる、または住み替えたいと考えていることが分かります。



現在の住まいを“終の棲家”にする予定ですか?

「高齢期の住まいと住み替えに関する調査」より



高齢者(シニア)が住み替えを考える理由については、大きく分けて「孤独への不安」と、「住んでいる家が高齢期のライフスタイルに合っていない」という2つが挙げられます。


「終の棲家にするのは難しい」「住み替えるつもりだ」と回答した人に、その理由

「高齢期の住まいと住み替えに関する調査」より



・孤独への不安

「介護状態になったら、面倒をみてくれる人がいないから」35%
「事故や病気の際に、気付いてくれる人がいないから」28%
「子が独立し、友人なども減っていき寂しいから」9%

・高齢期のライフスタイルに合わない

「家や庭が広すぎて、掃除や管理が大変だから」34%
「屋内に階段や段差があって危険だから」23%
「家が老朽化し、使いにくく、不便を感じるから」18%
「周辺に坂道や段差があり、歩くのがしんどいから」6 %


高齢社会に突入した日本においては、長い余生をどう過ごすかを真剣に考え、現在の家から住み替えを選択する高齢者(シニア)は増加傾向にあります。

では、高齢者(シニア)の住み替えとはどのような選択肢があるのでしょうか。
売却に関するご相談
無料!

高齢者(シニア)の住み替えは、現在の家を売却できるかが重要

高齢者(シニア)の住み替えには、どの選択肢においても資金が重要です。


■郊外のマイホームから都心・駅近の物件に住み替え



郊外のマイホームから都心・駅近の物件に住み替え
働き盛りの若い頃に購入した郊外のマイホームから、都心や駅近のマンションに住み替えるケースです。

家族や子どもたちが独り立ちし、広い家の管理・維持の負担や、日々の生活が不便だと感じることで住み替えを考える高齢者(シニア)も多いようです。

条件の良い家に住み替えるためには、先立つ費用が必要になります。

住み替え先の購入を考えるならば、新たに住宅ローンを組むことになります。当然年齢的な問題が発生します。賃貸住宅への住み替えを検討する場合でも、引っ越し費用や入居費用が必要になってきます。そのため、現在の家を上手に売却して資金に替えることが重要です。



■住み替え先をサ高住や老人ホームを検討されている場合


郊外のマイホームから都心・駅近の物件に住み替え
住み替え先を、サービス付き高齢者向け住宅(サ高住)や老人ホームに考える高齢者(シニア)もいらっしゃいます。

サ高住の場合は、一般型のタイプで初期費用が数十万円家賃や管理費が月5~25万円程度が必要です。

ハイクラスの介護付き有料老人ホームともなれば、入居の一時金が数千万円月数十万に加え、介護サービス費用がかかります。

安心して住み続けるためには、あらかじめ潤沢な資金が必要です。

そのほかにも、子ども家族や親戚との同居といった選択肢も考えられます。しかし、多くの高齢者(シニア)は「家族に迷惑をかけたくない」「気を遣って同居するのはストレス」など、様々な理由で嫌厭されるようです。

そこで、重要になってくるのが、現在の家を上手に売却し、住み替え資金に充てることです。

かんたん査定
無料!

高齢者(シニア)の住み替え資金を捻出する上手な売却方法

■仲介会社に売却を依頼すると時間や手間がかかるかも・・・


冒頭で紹介した調査では、「高齢期のライフスタイルに合わない」という理由が、高齢者(シニア)の住み替えにおける大きな理由になっていました。
郊外の家 ・家が郊外に位置している
・不便な立地
・駅から遠い
・車がないと生活できない


といったものが考えられます。

こういった物件・家は、一般的な不動産仲介会社に売却を依頼し、買い手を探してもらっても、なかなか買い手が見つからない可能性があります。不便だと考えて手放す家は、買い手も不便だと考えているからです。売りに出して1年以上買い手が付かないケースも少なくありません。

また、長期に家が売れない場合、目星を付けていた住み替え先を別の人が購入・入居してしまう可能性もあります。物件の引き渡し時期目途が立たない仲介での売却は、住み替えタイミングが難しいのです。

そのほかにも、仲介での売却では一般の購入検討者が物件を内見に訪れることもあります。そのため、室内の掃除や、場合によっては補修やリフォームもしなければなりません。

高齢者(シニア)の方が、広い家を隅々まで綺麗にするのは労力がかかるもの。人を呼ぶのもお金がかかります。「あまり無理をして手間をかけずに、売却できる方法があれば…」と考えられる方も多いのです。


■買取業者の不動産買取は高齢者(シニア)の住み替えに最適


不動産の売却方法には、仲介会社を使って買い手を探してもらう他に、買取業者が直接その不動産を買い取るという方法があります。

【不動産買取のメリット】

・仲介手数料が不要
仲介会社に依頼し、売却した場合に発生する仲介手数料は不要です

・買い手を探す必要がない
買取業者が不動産を買い取るため、買い手を探すといった時間がかかりません。

・引き渡し時期を自由に指定できる
仲介での売却では、買い手の希望に添って物件の引き渡し時期を決定しなくてはなりません。しかし、不動産買取は引き渡し時期を自由に指定できるため、住み替え先が決まってから時間に余裕を持って住み替えが可能です。

・依頼して数時間~数日で即現金化可能
買取業者が不動産を買い取るため、即現金化にも対応しています。

・室内の状態を問わず売却が可能
家中を掃除する手間や、リフォームしたりする必要もありません。


■今の家を賃貸に出すことはできないの?


利便性が高い立地や、人気エリアの物件であれば、賃貸に出して家賃収入を得ることができるかもしれません。

しかし、借り手にとって魅力のない地域や物件の場合、借り手が見つからない可能性が高いでしょう。また、賃貸として貸し出すには、リノベーションやリフォームといった初期投資や、月々の管理費などのコストも発生します。

やはり、リスクなく確実に売却して資金を得られる不動産買取がおすすめなのです。

今後、人口減少と共に高齢化社会が進むにつれて、利便性の良い土地や、バリアフリーマンション、少人数で住むのに手ごろな住宅は人気になる一方、不便な土地や住みにくい家は敬遠される傾向が高まっていくでしょう。

元気なうちに早めに売却して、より快適な住まいに住み替えられることをおすすめします。



オープンハウスの不動産買取

オープンハウスは、売れなくて困っている不動産・土地、いびつな土地や古い建物が建ったままの土地でも、積極的に買い取ります。

電話やネットからお問い合わせいただければ、経験を積んだ専門のスタッフが買い取り価格を素早く算出し、24時間以内にお知らせします。価格に納得頂ければ最短48時間で現金化も可能です。

オープンハウスの買取

商談が未成立でも相談料等は発生しません。お気軽にお問い合わせください。

最短48時間で即現金化!

かんたん査定
無料!
売却に関するご相談
無料!

お電話でもご相談いただけます

受付時間:7:00~23:00(年中無休)
お気軽にお問い合わせください。