受付時間:7:00~23:00(年中無休)
イメージ画像

住み替えのための不動産売却。
失敗しない住み替え方法を伝授!

住み替えには手順があります。

購入や売却のタイミングを間違えると、長期的に仮住まいが必要となり、家賃や税金といった出費がかさんでしまいます。

失敗しない住み替えには、まず現在の住まいを上手に売却することがカギです。

かんたん査定
無料!

住み替えは、まず現在の家の売却がおすすめな理由

ライフスタイルの変化や家・周辺環境の問題、急な転勤といった事情から、現在の住まいから新しい住まいに移る住み替え。賃貸物件からマイホーム購入をする、既に購入していた住宅から新しい住まいを購入して移るなど、様々な住み替えパターンがあります。

現在、購入した住宅に住んでいて、新たに住まいを変える住み替えでは、まず現在の住宅を売却することから考えることがおすすめです。

その理由を紹介しましょう。

住み替え資金として売却代金を活用できる

住み替えには様々な費用が発生します。

新たに戸建てやマンションを購入するような住み替えでは、住宅ローンの頭金や各種手数料、税金、引っ越し費用がかかります。

賃貸物件への住み替えの場合でも、入居時に発生する敷金・礼金をはじめとした初期費用などが発生します。

それ以外にも、カーテンやエアコンといった生活に必要な家財・家電を購入することもあるでしょう。新しい環境での新生活では思わぬ持ち出しも多くなりやすいため、住み替えには十分な資金が欲しいところです。もし先に売却が済んでいれば、新しい住宅ローンの契約もスムーズに進めることができます。

家を持っているだけ発生する費用

また、住まなくなった家にも様々なコストが発生します。

毎年1月1日の時点で不動産を所有している場合、固定資産税や都市計画税が課税されます。住み替えたあとでも、以前まで住んでいた家の税金を払い続けなければなりません。

また、マンションの場合は、管理費や修繕積立金といった継続した費用が発生します。戸建ての場合も、建物を維持するための管理コストがかかることに注意しましょう。

住み替えを成功させるためには、まず住んでいる住宅の売却を考えましょう

住み替え方法は2種類。どちらがおすすめ?

住み替えは、「売り先行型」と「買い先行型」の2種類に分けることができます。

買い先行型の住み替え

買い先行型は、住み替え先の住宅購入が先行した住み替え方法です。
住み替え先に強いこだわりや条件がある場合に、良い物件はすぐに買われてしまうため、住み替え先の購入を優先して進めます。

しかし、これまで住んでいた住まいに住宅ローンが残っていると、住み替え先の住宅ローンも組まなくてはならないため「ダブルローン」になるケースや、住宅ローンの頭金を持ち出さなくてはならないため、十分な資金が必要になります。そもそもダブルローンは収入面や返済能力といった条件を厳しく見られるため、現実的な方法ではないかもしれません。

売り先行型の住み替え

売り先行型は、住んでいた住宅の売却を先行して進める住み替え方法です。
先ほど紹介したとおり、住宅の売却を優先して進めることで、住み替え先の資金の捻出や、ダブルローンの心配もありません。

ところが、一般的な売買仲介で住宅を売却しようとすると、平均的に3ヵ月~半年程度の時間がかかってしまいます。現在の住まいが、駅から遠い・立地が悪いといった条件の場合は、買い手が見つからず売却時期が長引くばかりか、売却できない可能性もあります。

また、早期に住まいを売却できたとしても、住み替え先が決まっていないケースでは、住み替え先が決まるまで仮住まいが必要になってしまいます。売却した住宅は、引き渡しの日取りが決まっているため、仮の住まいとして賃貸物件に住むことも少なくありません。当然、入居費用や初期費用といった余分なコストが発生してしまします。


では、買い先行型と売り先行型ではどちらが良いのでしょうか。
売却に関するご相談
無料!

住み替えは、買い先行と売り先行が同時にできる
「不動産買取」がおすすめ

住み替えは、買い先行と売り先行が同時にできる「不動産買取」がおすすめです。

不動産買取とは、不動産会社が買い手を探して売却する売買仲介ではなく、不動産会社が直接不動産を買い取るという売却方法です。

不動産買取には
・仲介手数料不要
・物件内覧といった手間がかからず売却できる

といったメリット以外にも、住み替えならではのポイントがあります。

スピーディーに現金化ができる

不動産買取は、買い手がつくのを待つ必要がありません。

そのため、短期間で現金化することができます。オープンハウスの不動産買取は最短48時間で現金化が可能です。そのため、住み替えの資金計画も非常に立てやすくなります。

引き渡し時期を自由に決められる

通常の売買仲介では、売り手と買い手が引き渡し時期を取り決めます。

売り先行型の住み替えでは、住み替え先が決まってから引き渡しをしたいと感じますが、買い手は待ってはくれません。そのため仮住まいが必要になるのです。

不動産会社が直接買い取る不動産買取では、引き渡し時期も自由に決めることができます。不動産会社に相談することで、住み替え先が決まるまで住むこともできるケースもあります。

住み替え先を相談できる

オープンハウスでは、住み替え先の提案も可能です。
住み替え先の条件を相談していただければ、希望に合った物件を紹介します。


住み替え時の不動産売却は、オープンハウスが買取ります

オープンハウスは、売れなくて困っている土地、いびつな土地や古い建物が建ったままの土地でも、積極的に買い取ります。

電話やネットからお問い合わせいただければ、経験を積んだ専門のスタッフが買い取り価格を素早く算出し、24時間以内にお知らせします。価格に納得頂ければ最短48時間で現金化も可能です。

オープンハウスの買取

商談が未成立でも相談料等は発生しません。お気軽にお問い合わせください。

最短48時間で即現金化!

かんたん査定
無料!
売却に関するご相談
無料!

お電話でもご相談いただけます

受付時間:7:00~23:00(年中無休)
お気軽にお問い合わせください。