受付時間:7:00~23:00(年中無休)
イメージ画像

セットバックした土地の売却は、不動産買取がおすすめ

セットバックした土地の売却について解説します。

建築基準法の基準を満たさない土地は、セットバックして建物が建てられていることがあります。では、そういった土地はどのように売却することがおすすめなのでしょうか。

土地のセットバックとは?

建築基準法では、家や建物を建てるとき、幅(幅員)が4メートル以上道路に、2メートル以上接していなければいけないと規定されています。

災害や火災が発生した際の、避難経路や緊急車両の経路確保が目的です。

しかし、昔と今では道路の使われ方が違ったため、幅員が4メートル以下で道路が整備されていることもあります。

こうした古い基準の道路に面した土地では、道路の幅が4メートルになるように後退させることで住宅や建物を建てられることがあります。これをセットバックと言います。

道路の中心から4メートルの幅が確保できるように、両サイドの土地がセットバックします。


セットバックで気を付けること

中古住宅のチラシやネットを見ると、「要セットバック」と表記のある物件が載っていることがあります。このような物件を購入した場合、後から建て替えることはできるのでしょうか。

原則として、建て替えはできるはずです。しかし、セットバックした後の敷地に合わせて家を建てるため、現状よりも小さな面積になることが考えられます。希望する間取りや設備が反映できる大きさの建物になるのか不安のある方は、事前に不動産会社や建築士に確認してもらうことをおすすめします。

セットバックをしないで家を建て替える方法はありません。建物を建てるときに、「建築確認申請」を行います。この申請の際に、建築を行う土地の接道の幅員が4メートルあるかなどを調査されます。

セットバックを拒否することはできないのです。セットバック部分を駐車場など建物以外の用途として利用することもできません。新たにセットバックした部分は「道路」とみなされるからです。

売却に関するご相談
無料!

セットバックした土地の売却は買取がおすすめ

このように、セットバックした土地、あるいはセットバックしなければいけない土地は、使い勝手が悪く一般の購入検討者から敬遠されがちです。

また、セットバックした土地の価格は、相場よりも安くなってしまいます。購入検討者からみれば、安く購入できたとしても、建て替えに制限があることは、それほどまでに大きなハンディキャップになります。

通常の売却方法である売買仲介で、不動産会社に売却を依頼し、購入検討者を探しても、売却期間が長期に渡り、最悪のケースでは売却できない可能性もあります。数か月~数年売れない場合は、当然固定資産税といった課税も発生し、負担も大きくなっていくでしょう。

そういったなかで、おすすめなのが不動産会社が直接不動産を買い取る「不動産買取」という売却方法です。

不動産買取は、依頼した不動産会社が買主となるため、購入検討者を探す必要がありません。また、相談から売却まではスピーディに完結することも大きなポイントです。

オープンハウスの不動産買取ならば、相談から現金化までを最短48時間で完了することも可能です。

セットバックした土地の売却を考えているのであれば、不動産買取の相談をすることをおすすめします。

関連した内容として、再建築不可の土地に関しては、こちらの記事をご確認ください。再建築不可を徹底解説!売却するなら業者買取がおすすめな理由

かんたん査定
無料!

不動産を売却するならオープンハウスが買取ります

オープンハウスは、売れなくて困っている土地、いびつな土地や古い建物が建ったままの土地でも、積極的に買い取ります。

電話やネットからお問い合わせいただければ、経験を積んだ専門のスタッフが買い取り価格を素早く算出し、24時間以内にお知らせします。価格に納得頂ければ最短48時間で現金化も可能です。

オープンハウスの買取

商談が未成立でも相談料等は発生しません。お気軽にお問い合わせください。

最短48時間で即現金化!

かんたん査定
無料!
売却に関するご相談
無料!

お電話でもご相談いただけます

受付時間:7:00~23:00(年中無休)
お気軽にお問い合わせください。